~施設案内~

<気動車>

 

 

CR70・75形気動車

 

 

 

銀河線の開業に合わせて新潟鐵工所で製造された車体長16m級の軽快気動車(NDC)です。1988年から1990年にかけCR708両、CR754両の12両が製造されました。

 

CR70

1988年から1989年にかけて8両(CR70-1CR70-8)が製造されました。定員は102名(座席46名・立席56名)です。

 

CR75

1989年にイベント仕様車を含む4両(CR75-1CR75-3CR75-101)が製造されました。主な仕様はCR70形と同様ですが、カラオケやビデオ上映が出来るAV装置が装備されています。定員は100名(座席45名・立席55名)です。CR75-1011990年に製造されたイベント仕様車で、車内はロングシートで床にカーペットを敷き詰めるとお座敷列車にもなります。またAV装置も搭載しています。定員は104名(座席44名・立席60名)です。

 

※このうち、現在りくべつ鉄道に在籍しているのは

CR70-

CR70-8

CR75-

CR75-101

CR75-(999号・通称「黄メーテル」)

CR75-(999号・通称「白メーテル」)

 

以上6両が現役当時のまま動態保存されています。

 

 

 

<保線作業車>

 

 

 

ライナー

 

 

線路の幅を整えるための保線車両です。

 

 

 

 

バラスト運搬車

 

 

機関車や排雪モーターカーなどに連結して線路の砂利を運搬、または道床に散布するための保線車両です。通称「ホキ」

 

 

 

 

排雪モーターカー

 

 

積雪時の排雪のほか、イベント時には後部にトロッコ客車を連結して運行することもあり、りくべつ鉄道の小さな力持ちとして人気です。通称「ハイモ」りくべつ鉄道には 計3両が在籍しています。

 

 

 

<施設>

 

 

跨線橋

 

 

昭和28年建設・戦後の輸送量の増大で、当時の陸別駅は1日中貨物列車の入れ替えなどで頻繁に列車が行き交っており、ホームには長い編成のSL列車が横たわっていたものでした。乗客も跨線橋を通って改札口から2番・3番ホームへと渡るためには無くてはならない存在でした。

この跨線橋は国鉄~JR時代までは板張り素地のままでしたが、陸別駅が現在の駅舎に改築された平成5年に銀色に塗り替えられました。さらに平成20年のりくべつ鉄道開業には再び塗装されています。

内部については往時の雰囲気をそのままに化粧直しが施され、国鉄時代に走ったSL(C58や9600型)の写真や、銀河線時代の懐かしい写真の数々が展示されたミニギャラリーとなっています。

 

また、銀河線時代は2・3番ホームに飾られていた「ふるさと銀河線友の会・メモリアルレール」のネームプレートも跨線橋の中に展示されています。

 

 

 

転車台

 

 

国鉄網走本線・池田~陸別間開業前年の1909年に設置された道内最古の転車台です。国鉄池北線のSLが廃止された昭和50年まで9600型蒸気機関車の方向転換などで使用されていましたが、近年はが老朽化が進み、このままでは歴史的価値が薄れてしまうとのことで、H21年度修復が行われました。綺麗になった転車台を見ることが出来ます。

 

 

 

寛斎駅車庫

 

 

運転体験銀河コースの新設に伴い、駅構外の車両を留置するために平成24年度に作られた車庫です。現在は寛斎駅の一部として使用されています。設置場所は旧金澤踏切横です。

 

 

 

百恋駅

 

 

運転体験銀河コースの新設に伴い、平成25年度に作られた駅舎です。外観は旧川上駅をイメージして作られました。さらなる延伸に向けての拠点として活用しています。

 

 

<りく鉄公式Twitter>

フォローおねがいします♪