線路点検を行いました。

 

りくべつ鉄道では、4月末の線路点検に続き、寛斎~百恋間にて秋の点検を行いました。

 

最初は「運転体験銀河コース」の列車に便乗しての線路巡視。保線係が列車の揺れや線路の傾き具合などを人感にて確認します。

 

 

今度は徒歩にて軌道の間隔や水準、カーブでのカント量などを測定し、記録します。

 

 

運転体験コース営業中のため、列車の通過時は待避します。

 

 

深まる秋の中、バッタ君も枕木の上で頑張っていました。

 

 

沿線に残されている上り遠方信号機を試験点灯、銀河線の廃止から12年ぶりに明かりがともされました。(現在は消灯しています)

 

 

晩秋の利別川沿いを走る試運転列車。(池田起点80㎞ポスト)

 

今後も安全第一で運行にあたります!!

<りく鉄公式Twitter>

フォローおねがいします♪