~車両・施設のご案内~

<気動車>

CR70・75形気動車(写真は新製時のものです)

 

1989年(H1)6月4日、JR池北線から第3セクター「北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線」の開業に合わせ、㈱新潟鐵工所(現:新潟トランシス)で製造された車体長16m級の軽快気動車(NDC)です。エンジンはニイガタDMF13HSを搭載し、出力は250PS/2000rpmを発生します。1988年(S63)から1990年(H2)にかけCR708両、CR754両の計12両が製造されました。

 

CR70

1988年(S63)から1989年(H1)にかけて8両(CR70-1CR70-8)が製造されました。運転整備重量28t、最高速度は95km/h、定員は102名(座席46名・立席56名)です。

 

CR75

1989年(H1)から1991年(H2)にかけて、イベント仕様車を含む4両(CR75-1CR75-3CR75-101)が製造されました。運転整備重量は28.5t、最高速度は95km/h、主な仕様はCR70形と同様ですが、カラオケやビデオ上映が出来るオーディオ・ビデオ装置が装備されています。定員は100名(座席45名・立席55名)です。CR75-1011990年(H2)に製造されたイベント仕様車で、車内はロングシートで床に専用のカーペットを敷き詰めるとお座敷列車にもなります。また、両側にはシャンデリア風の照明と、オーディオ・ビデオ装置も搭載しています。定員は104名(座席44名・立席60名)です。

 

※このうち、現在りくべつ鉄道に在籍しているのは

CR70-

CR70-8

CR75-

CR75-101

CR75-(999号・通称「黄メーテル」)

CR75-(999号・通称「白メーテル」)

 

以上6両が現役当時のまま動態保存されています。

 

 

 

<保線作業車>

 

 

 

ライナー

 

 

線路の幅を整えるための保線車両です。

 

 

 

 

 

バラスト運搬車

 

 

ディーゼル機関車や排雪モーターカーなどに連結して線路の砂利を運搬、または道床に散布するための保線車両です。通称「ホキ」

 

 

 

 

 

排雪モーターカー

 

 

毎年2月の「しばれフェスティバル」の前には構内線路の排雪ほか、ゴールデンウイークや7月の鉄道まつりなどのイベントでは、転車台に乗せて方向転換させる「転車でGO」や、ラッセルの羽を広げてるデモンストレーションを行うこともあり、鉄道ファンだけでなく、ご家族連れにも大変好評です。また、トロッコ客車を後部に連結して運転することもあり、りくべつ鉄道の小さな力持ちとして人気です。

 

通称「ハイモ」りくべつ鉄道には 計3両が在籍しています。

(写真は2010年に分線~川上間・線路調査の際に撮影したものです)

 

 

 

<施設のご紹介>

陸別駅構内(池田方より)

 

(北見方より)

明治43年(1910)の開業以来、陸別駅は網走本線の重要な拠点駅として幾条もの側線が敷かれ、機関庫や転車台・給水塔のほか、保線区など、あらゆる施設が整備されました。その当時の面影を残す広い構内は全長500mにも及びます。りくべつ鉄道では、その広い構内をフルに活用し、運転体験・乗車体験・足こぎトロッコ体験など、3つのコースを営業しております。

 

駅構内のレール

陸別駅の構内は、歴史的で大変貴重な構造物が数多く残されており、まさに北海道の鉄道遺産の宝庫と言っても過言ではありません。

このレールは網走線が1907年(M40)に建設された当時のもので、側面には R.S.W 1907 IRJ と刻印されています。これは 1907年にドイツ・ライン社が製造したもので、駅構内の1~5番線にわたる各所に敷かれています。また、鉄は純度が高いほど錆びづらいと言われていますが、敷設から100以上経った今も特段の損傷もなく現役で使われていることから、当時のレールは大変良質なものであることがわかります。

 

 

 

 

 

足こぎトロッコ周回路

 

 

 

 

構内の西側に設けられている、足こぎトロッコの周回路線です。コースは1周約400メートル、緑豊かな構内を走る気分は爽快そのもの。5人乗りに改造された新しいトロッコで、ご家族やご友人・カップルなど、愉快な仲間とご一緒に、楽しいひと時をお過ごしください。

 

 

 

 

 

跨線橋

 

 

 

 

 陸別駅構内、1番線と2番線をまたぐ跨線橋は1953年(S28)に建設されました。当時の国鉄の建物の標準的な構造として、骨組みにはレールが使われています。この当時は戦後の輸送量の増大で、当時の構内は貨物列車の入れ替えなどで終日列車が行き交っており、1番線・2番線には長い編成のSL列車が停車していました。そのために跨線橋は乗客は向かいのホームへ行くには無くてはならないのもでした。
 
この跨線橋は国鉄~JR時代までは板張り素地のままでしたが、陸別駅が現在の駅舎に改築された1993年(H5)には銀色に塗り替えられました。さらに2008年(H20)のりくべつ鉄道開業には、再び化粧直しされています。

内部については、往時の雰囲気をそのままに化粧直しが施され、国鉄時代に走ったSL(C58や9600型)の写真や、銀河線時代の懐かしい写真の数々とともに、廃線当時の新聞記事も展示されているミニギャラリーとなっております。

 

また、銀河線時代は2・3番ホームに飾られていた「ふるさと銀河線友の会・メモリアルレール」のネームプレートも跨線橋の中に展示されています。

 

 

 

 

 

陸別機関庫

 

 

 

 

最初の機関庫は網走線陸別~北見間の開通に伴い、明治44年9月24日に池田機関庫陸別分庫として設置されています。この建物は大正5年に建て替えられたものです。当時は手前に給水塔や給炭設備があり、機関庫内では火室の整備や停泊などが行われてれていました。その後も国鉄時代からJRに移管後も引き続き使用され、併設されていた休養室が乗務員の宿泊のために利用されていました。現在でも車両の格納や軽整備などで使用しています。

 

 

 

 

転車台

 

 

 

 

 

陸別駅北見方、機関庫の裏手にある転車台は、1009年(M42)の網走本線・池田~陸別間の開業前年に大阪の汽車会社製造合資会社により建設されています。転車台は国鉄池北線にSLが走っていた1975年(S50)まで、蒸気機関車の方向転換などで使用されていました。

 

SL列車の廃止後は、長きにわたり放置されておりましたが、近年は老朽化が進んで外観の痛みも激しかったため、2009年(H21)に修復工事が行なわれ往事の姿に復元されました。今では現存する転車台で道内最古といわれています。

 

 

 

 

 

旧・陸別線路班詰所

 

 

 

 

1910年(M43)9月の網走線開業に伴い、陸別保線区の業務が開始されました。当時の管轄は池田~陸別間77.4kmの全線におよび、現在のような自動車での移動作業が困難だった当時、駅間の長い区間には各所に線路班が置かれ、保線業務の拠点としていましたが、後年は大誉地~釧北国境(現:池北峠)間などの保線業務を担当しました。陸別保線区は1969年(S44)に廃止され、池田保線区・陸別支区となりました。

 

 

 

 

 

旧・陸別工務区事務所

 

 

 

 

国鉄時代は陸別保線区(のちに陸別保線支区)として、多くの職員が常駐し、線路や施設の保守管理を行っていました。この建物は昭和40年代に新築されたもので、新築時の外壁の色は当時の国鉄の標準であるグレーでしたが、りくべつ鉄道開業後に現在のブラウンに塗り替えられています。池北線が第3セクターに転換された1989年(H1)に「北海道ちほく高原鉄道(株)陸別工務区」となり、2006年(H18)の廃止で役目を終えました。りくべつ鉄道開業後は、この施設を保線作業の拠点として活用しています。

 

 

 

寛斎車庫

 

 

運転体験「銀河コース」の新設に伴い、本線上の車両を留置するために2012年(H24)に建造された車両庫です。外観は機関庫など周囲の建物に合わせてブラウンとしました。本線運行の際は金澤信号所の一部として使用されており、通過の前後には運転停車を行っています。

 

 

 

 

 

百恋駅

 

 

 

 

運転体験「銀河コース」の新設に伴い、2013年(H25)に下勲祢別駅の北見方(松浦踏切前)に新設され、りくべつ鉄道のさらなる延伸に向けての拠点として活用しています。駅舎の外観は今は無き川上駅(池田起点87.2km)をイメージしており、駅舎横には1911年(M44)に分線~川上間に建立された陸別町指定文化財の「網走本線成功記念碑」を、この場所に移設し展示されています。

<りく鉄公式Twitter>

フォローおねがいします♪