~ふるさと銀河線の歴史~

網走本線~池北線~ふるさと銀河線の歴史

 

この鉄道は、道央から網走を結ぶ網走管内最初の幹線鉄道「網走線」として、明治40年(1907)3月に根室本線の池田駅から建設工事が始められ、明治43年(1910)9月22日には池田~淕別(現:陸別)間が開業、明治44年(1911)9月25日には野付牛(現:北見)まで開通しました。

 

そして大正元年(1912)10月5日には網走(旧浜網走=廃止)まで開通、線名も「網走本線」と改称されました。その後、昭和4年(1929)には札鶴駅(現:釧網本線)まで延伸されています。

 

当時の網走本線は、函館や札幌から網走地方へ行くためには唯一のルートであり、また開拓期の十勝北部ならびにオホーツク沿線地域の発展と産業の振興に果たした役割は非常に大きなものがありました。特に、現在オホーツク地方の最大の都市である北見については、網走本線開通後、開拓の拠点として急速に発展していったことは言うまでもありません。

 

しかし、大正10年(1921)に名寄本線が全線開通、昭和7年(1932)には石北線が全通すると、道央からのメインルートはそちらへ移り、網走線は次第に幹線としての地位を失ってゆきました。

 

そして昭和36年(1961)、国鉄では全国的な線路名称の整理が行なわれ、網走本線の池田駅 - 北見駅間は「池北線」、北見駅 - 網走駅間は「石北本線」(新旭川 - 北見)と改称され、池北線は十勝地方と北見地方を結ぶローカル線としての道を歩むこととなります。

 

国鉄池北線は、昭和62年(1987)の国鉄分割民営化を経てJRに移管され「JR池北線」に、そして平成元年(1989)6月4日には第3セクター鉄道として生まれ変わり「北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線」として再出発しました。

 

しかし、その後の沿線人口の減少に伴う乗客減により、平成17年(2005)3月27日に開催された運行会社の取締役会において、廃止が決定しました。廃止決定から一年後、運行最終日となった平成18年(2006)4月20日には、お別れ列車「さよなら・ふるさと銀河線号」が運転され、多くの乗客と沿線住民に惜しまれながら、明治43年(1910)の開業から95年にわたる鉄路の歴史に幕を閉じました。

 

 

    ***網走本線~池北線~ふるさと銀河線年表***


1910年(明治43年)9月22日

網走線の一部として池田~淕別(現:陸別)間 77.4 ㎞開業。

[開業駅=高島・勇足・本別・仙美里・足寄・上利別・陸別]

 

1911年(明治44年)9月25日

淕別~野付牛(現:北見)間 62.6 ㎞開業。

[開業駅=小利別・置戸・訓子府・上常呂・野付牛(現:北見)]

 

1912年(大正元年)10月5日

野付牛~網走(のちの浜網走駅:現在廃止)間開業。網走線が全線開通。

 

同年11月18日

線名改称、池田~網走間を「網走本線」とする。

 

1913年(大正2年)10月11日

上利別~陸別間に「大誉地駅」開業

 

1920年(大正9年)6月1日

陸別~小利別間に「川上駅」開業

 

1922年(大正11年)8月1日

置戸~訓子府間に「境野駅」開業

 

1946年(昭和21年)9月10日

「愛冠」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1947年(昭和22年)2月11日

訓子府~上常呂間に「日ノ出駅」開業

 

1948年(昭和23年)

「北光社」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1950年(昭和25年)

「様舞」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1955年(昭和30年)

「豊住」「西富」「広郷」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1956年(昭和31年)

「西訓子府」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1957年(昭和32年)

「笹森」「穂波」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1958年(昭和33年)

「薫別」「分線」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1960年(昭和35年)5月1日

愛冠~上利別間に「西一線駅」開業

 

1961年(昭和36年)2月1日

「塩幌」仮乗降場(のちに駅昇格)が開業

 

1961年(昭和36年)4月1日

路線分離統合、網走本線のうち、池田~北見間 140.0 ㎞を「池北線」とし、北見~網走間を「石北線」に編入。

 

 1962年(昭和37年)10月1日

帯広~北見間に準急列車「池北」が運行開始。当初は帯広~陸別間1往復・帯広~北見間1往復。

 

1962年(昭和37年)12月1日

勇足~本別間に「南本別駅」開業

 

1966年(昭和41年)3月5日

準急列車制度改変により「池北」急行列車に昇格。

 

1971年(昭和46年)7月1日

急行「池北」帯広~陸別間1往復を廃止、帯広~北見間の1往復となる。

 

1980年(昭和55年)10月1日

国鉄合理化により急行「池北」が廃止される。廃止時の停車駅:帯広・幕別(下りのみ)・池田・本別・足寄・陸別・小利別・置戸・訓子府・北見

 

1984年(昭和59年)6月22日

国鉄再建法による「第2次廃止対象路線」に指定されるが、路線長が100㎞を超える「長大4線」(天北・名寄・池北・標津線)であることから、冬期間のバス運行に不安があるとの理由で承認が保留される。

 

1985年(昭和60年)8月2日

運輸省(当時)が実施した、冬季間における代替交通の調査結果を受けて、第2次廃止対象路線に承認される。

 

1986年(昭和61年)11月1日

国鉄最後のダイヤ改正、勇足・仙美里・大誉地・小利別・境野・日ノ出駅が無人化、交換設備が撤去される。

 

1987年(昭和62年)4月1日

国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道株式会社に路線が継承され「JR池北線」として2年間の暫定運行となる。貨物扱い営業廃止。

 

1989年(平成元年)6月4日

6月3日をもってJR池北線が廃止となり、翌6月4日、第3セクター鉄道「北海道ちほく高原鉄道(株)ふるさと銀河線」として開業する。(営業区間は池田~北見140.0㎞)当初は車両の新製が間に合わず、JRからキハ22形気動車6両を借り受けての運行であった。

 

同年8月6日

新製されたCR70形気動車全車が揃い、第3セクター転換後初のダイヤ改正が実施される。置戸~北見間が大増発となり、北見~池田間には快速列車「銀河」1往復の運転開始(当時の停車駅=池田~高島~本別~足寄~上利別~陸別~小利別~置戸~訓子府~上常呂~北見)

 

1991年(平成3年)11月1日

JR根室本線の帯広~池田間に乗り入れ再開、JRとの相互乗り入れが開始され、北見~帯広間および足寄~新得間に2.5往復の直通列車が設定される。(足寄発の新得行きはJRのキハ40)

 

1995年(平成7年)9月4日

南本別~本別間に「岡女堂駅」を新設。

 

1995年(平成7年)12月20日

北見~置戸間がCTC(自動列車集中制御装置)化され「上常呂駅」が無人駅となる。

 

1996年(平成8年)11月20日

置戸~足寄間がCTC化される。

 

1997年(平成9年)3月1日

CTC化に伴い「上利別駅」が無人駅となる。

 

1997年(平成9年)11月1日

足寄~池田間がCTC化される。

 

1998年(平成10年)3月31日

CTC化に伴い「高島駅」が無人駅となる。

 

2001年(平成13年)8月

JR北海道からC11形蒸気機関車を借り受け、池田~北見間に「SL銀河号」が運行される。(池田~北見間を2日で1往復)

 

2002年(平成14年)11月

銀河鉄道999の作者松本零士氏がデザインしたラッピング車両「999号」が登場。

 

2005年(平成17年)3月27日

北海道ちほく高原鉄道㈱取締役会にて、ふるさと銀河線の廃止が決定される。

 

同年4月17日

廃止決定を受け、臨時株主総会が開催され廃止が正式に承認される。

 

同年4月21日

北海道運輸局に、ふるさと銀河線(池田~北見間140km)の廃止届を提出。

 

2006年(平成18年)4月20日

陸別駅22:08着(北見着23:01着)の最終列車をもって、ふるさと銀河線の旅客営業が終了。明治43年の開業以来、95年の歴史に幕を下ろす。

 

同年4月21日

ふるさと銀河線(池田~北見間140.0㎞)全線廃止。

 

2008年(平成20年)4月20日

陸別駅において観光鉄道「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」が開業。

 

2012年(平成24年)5月5日

陸別駅~下勲祢別駅間(1.9㎞)にて延伸営業開始。

(運転体験・銀河コース)

 

2014年(平成26年)7月20日

下勲祢別~旧石井踏切(1.2㎞)にて延伸営業開始予定。

(但し、イベント時の乗車体験列車のみ)

 

2015年(平成27年)9月22日

陸別駅~旧分線駅間(5.7㎞)において乗車体験列車「銀河号」を運転。平成18年のふるさと銀河線廃止から9年ぶりの旅客列車の運行となる。

  

<りく鉄公式Twitter>

フォローおねがいします♪